腸もみマッサージの効果とは?やり方や便秘との関連性など

今、巷で話題になっているのが腸もみマッサージ。

健康の源は元気な腸から

というように、便秘改善や美肌にも効果があるのだとか。

そんな腸もみマッサージを見ていきましょう。

腸もみマッサージは痛い?どんな効果が

腸もみマッサージは基本的に痛くありませんし、また痛くなるまでする必要はありません。気持ち良い感覚で丁度良いのです。また次のような効果が挙げられます。

  • 便秘の解消
  • 美肌になる
  • 心身共に健康になる

腸が元気になると体が喜ぶと例える人もいます。

腸もみをすることで、こんな効果があるならやってみたいと思われる人も多いのではないでしょうか。でも、腸もみという言葉のインパクトから不安に思われる人もいるかもしれません。

これからお伝えする情報で、少しでも腸もみに対する不安が取り除けて、安心して行えるようにお手伝いできれば幸いです。

腸もみの効果はいつから現れる?

個人差はありますが、腸もみをしてすぐに腸が活発になる人や、便秘がちだった人が次の日のお通じがスムーズになったという声が多くあります。

腸もみは、早い段階で効果が現れるものであるといえそうです。

まれに痛いという方がおられますがその原因とは?

痛くなる原因は3点考えられます。

  • 腸と腸がかなりくっついてしまっている
  • 腸にテンションがかかっている
  • 子宮内膜症を患っている

の3つです。

くっついた腸

腸同士がくっついた状態になっている人は、その腸をはがさないといけないので、痛みが多少生じます。ですが、はがすと便の通り道が確保され、お通じがスムーズになるのです。

腸がくっついている人は、骨盤ともくっついてしまっている人がいるのですが、腸もみをすることで、腰痛改善にも繋がります。

テンションが掛かっている場合

二つ目の腸のテンションについてですが、特に下痢の症状にお困りの人に多いようです。腸も筋肉ですので、ずっとテンションがかかっていると痛みがでてくるんですね。

この症状も、腸もみをしていく中で、改善が期待されます。

子宮内膜症

最後に子宮内膜症ですが、生理が重かったり、きちんと同じペースで来ない人に多い病気です。

子宮内膜症は、内膜を生成することにより、臓器と臓器がくっついてしまうことがあります。この臓器同士がくっついていると痛みが出てくるので、生理に関して不安のある人は、腸もみマッサージよりも、まずは産婦人科に行くことをおすすめします。

やり方・方法はどうすれば?自分でセルフケアできるの?

腸もみは自分でも行うことができますので、ご紹介していきます。

自分でやる腸もみの順番は、最初に小腸もみをして、その後大腸もみをするんですね。力を入れすぎないことがポイントです。

まずは小腸もみから

  1. 仰向けか腰掛の状態になります。
  2. 利き手を中に入れて、両手でおへそを隠します。指は閉じ、掌とおへその間に少し隙間を作るようにしてください。これが基本姿勢です。
  3. おへその周りを丸を描くような感じで押していきます。
  4. 時計回りにゆっくりと15~20 回程行ってください。

次に大腸もみを行います

  1. 利き手を中に入れて両手を重ね合わせます。この時、親指だけ開いて、親指同士の隙間が逆三角形になるようにしてください。
  2. その手の形で、右の骨盤を押します。押す時に息を吐き、緩めると同時に息を吸ってください。
  3. そのままの手の形で上をすべらせ、右肋骨の下を同じよう押して、その後緩めます。呼吸は2と同じです。
  4. 手の形はそのままで、今度は左へすべらせ、みぞおちの下辺りを同じように押して緩めます。呼吸も同じなので忘れないでください。
  5. そして同じように、左肋骨をやって、最後左骨盤でフィニッシュです。お腹をちょうど1周するようなマッサージです。

小腸を1回(15~20周)やって、その後大腸を3回やるようにしてください。やるタイミングは、食後以外でしたらいつでも大丈夫です。

腸もみで痩せた?ダイエットにも効果があるって本当?

腸もみで痩せるとよく報告されているそうですがどうしてでしょうか。

腸を刺激することで排便を促し、ぽっこりお腹がスッキリしていきます。また、代謝もよくなりますので、痩せやすい体質に変化していきます。お手軽な腸もみによって痩せられると最高ですよね。

どれくらいの期間続けるのが効果的?

すぐに効果のある人ですと、1ヶ月で効果が出てくるようです。通常でも5ヶ月前後で効果が期待できます。

ただ、腸もみを一時的にやるのではなく習慣化し、効果が出た後もやめないことが体形維持にとって大切です。

便秘とおさらば!溜まったガスや宿便をどんどん剥がす?

便秘は、何かの原因で体内に水分を溜め込み、排便に必要な水分を上手く確保できずに現れてしまう症状です。体内に不要物を溜め込むと、体のあちこちに不調が生じ、健康維持が難しくなってきます。

腸もみは、直接腸に刺激を伝えます。腸は刺激を感じると、直に脳に指令が渡り、便意をもよおすようになります。そうすることで溜まったガスや便が、外へと押し出されるようになっていくのです。

腸もみは、便秘にも効果があるといえるでしょう。

腸もみすることで副作用が心配!大丈夫?

正しくやれば副作用はありません。

ただ、強くもみすぎると筋肉を傷めたり、炎症を起こすことが考えられます。強くやる方が効くとは思わずに、心地良い強さで行なってください。

腸もみをしてくれるサロンはこちら

なかなか自分で正しく腸もみをするのが難しい人は、サロンでの施術がお勧めです。特に次の2つのサロンは、評判やスタッフの対応が良くお勧めです。それぞれ特徴をご紹介します。

カラダファクトリー

カラダファクトリーの特徴として、しっかりとしたカウンセリングをしてくれることが挙げられます。

それぞれ人によって体調の違いがありますから、自分にあったカウンセリングをしてくれるのは、頼もしいですよね。

また店舗数が多いので、通いやすいこともうれしいポイントだと思います。何回か通ってから効果が出てきますので、通いやすいというのは、続ける上で重要になってくるでしょう。

こちらのサロンでおすすめなコースは、オイルを使ったマッサージのコースで、もちろん腸もみの施術もあわせて行ってくれます。

MJG

MJGの特徴として、短時間で気軽に施術してもらえるところが挙げられます。特に忙しくてそれ程時間がない人にとっては、ありがたいポイントですよね。

また、特にこのサロンは、痛みでお悩みの方に寄り添うというポリシーがあり、例えば腹痛を伴う便秘に悩んでいる人にも効果が期待されます。

そして、こちらも全国展開されているサロンですので、通いやすい店舗が見つかるというのも、ポイント高いですね。