骨盤矯正グッズはどんなのがあるの?おすすめはどれ?

ここでは、人気があるガードルタイプとベルトタイプのグッズをチェックしてみましょう。

ですがグッズの骨盤矯正はどうしても限界があります。骨盤矯正についてはこちらで詳しく解説しておりますのでご覧ください。

→産後の骨盤矯正はとても大切!メリットや効果を徹底解説

ガードル

骨盤だけを支えるベルトは、どうしてもズレやすかったり、締め付け感が気になったりしてしまいがちです。ぴったりフィットし、何度も直さずに済むグッズをお探しならガードルをおすすめします。

ガードルだとお腹や太ももまですっぽり覆うことができるため、より広い範囲を引き締めることができます。また、ズレることがないため、何度も立ったり座ったりしても付け直さなくても済むのです。

「お腹のお肉が気になって、体にフィットする服が着られない!」というママもたくさんいますが、ガードルならお腹まわりの脂肪をスッキリさせてくれるので、思う存分オシャレを楽しむことができますよ。

ベルト

骨盤ベルトは妊娠中から使えるものもあり、妊産婦からかなり重宝されているグッズの1つです。しかし、ベルトの種類はとても豊富で、産後の骨盤矯正により効果的なものはどれなのかわからないという人も多いのではないでしょうか?

ここでは、生地の種類、ベルトの数、ベルトの太さ、ショーツとの一体型に分けて特徴をチェックしていきましょう。

生地の種類

骨盤ベルトに使用されている生地にはいくつか種類があります。たとえば、ポリエステルは硬くしっかりしている生地ですが、動いた時にズレやすく、横になった時にゴワゴワしてしまうというデメリットがあります。反対に、ポリウレタンなどの素材は伸縮しやすく、体にフィットするためズレにくいです。

また、暑い季節に着用するのであれば、通気性も重視しなければなりません。赤ちゃんを抱っこしたり、重い荷物を持って出かけたりするだけで汗ばんでしまうため、骨盤ベルトを長時間つけるのが苦痛になってしまうこともあるのです。

▶読者モデルにも人気の骨盤ウォーカーベルト

ベルトの数

基本的にシングルベルトやダブルベルトが主流ですが、この2つは密着度とサポート力が異なります。シングルベルトは素早く着用できますが、ズレやすかったりサポート力が物足りなかったりするものが多いです。

それに比べてダブルベルトは、腰やヒップでベルトがクロスした形状になっているなどして、より骨盤を固定する力があります。好みの力で引き締めることができると圧迫感がなく快適に着用できるため、ベルトの数もしっかり見てから購入しましょう。

ベルトの太さ

商品によってはベルトの太さにも違いがあります。産後の骨盤矯正では、時期によって太さを変えると良いです。

産後すぐはお腹を圧迫するのは避けたいので、細いタイプのものを選びましょう。悪露が落ち着いてきた頃にお腹まで覆うタイプに切り替えると、ウエストの引き締め効果も期待できます。

ショーツとの一体型

ベルト単体ではなく、ショーツと一体化した骨盤ベルトが存在します。メリットとしては履きやすくズレにくいことが挙げられますが、サポート力が弱めです。何度もベルトを直すのが面倒だと感じる人に向いています。

▶履くだけ楽チンの骨盤矯正ショーツ